--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-30

久々に…

今日チェンバロの先輩と会い、近況報告をしあいました。その人はこの前私が見に行ったオペラに来ていて、私が自分の演奏家としての実力の無さに気付き焦っていることに対し、今は世代交代の時期で、私達の一世代上が今リードしている人を越え先に進もうとしているから、私達はそれに協力して、いずれ自分達がまた次の時代をつくれば良い、だから今は焦らずその準備をすべきだという様なことを言って下さいました。学生の頃からよく一緒に演奏して下さり、色々なことを教えて下さった先輩で、やはり人間的にも良く出来た人だなと思いました。少し落ち着きを取り戻すことが出来ました。
スポンサーサイト
2008-10-27

友人の演奏会

チェンバロの吉見伊代さんとリコーダーの安藤由香さんの演奏会に行きました。イタリア、イギリスのルネサンスの曲を演奏して下さったのですが、二人とも学生時代から組んでいると言うことで、息のあった演奏で、心身共にぐったりしていた私は体力が回復しました。自分のレパートリーに無い時代のものでしたが、知っている曲もいくつかありました。イギリスとイタリアの当時の趣味の違いが面白かったです。パーセル、フォンタナは個人的にとても楽しみました。自分ももっと練習しないと…(-_-;)吉見さんとはさくら村で近いうちにお会いします。楽しみにしています!
2008-10-25

リード

なーんか最近リードが出来ない…昨日今日と粘っているのに、イマイチ。材料が悪いのか?真面目に栽培してる…?と、思ってしまいます。異常気象のせいかな?今日も天気予報ハズレだったし。もう10月下旬なのに、暖かいし…去年はもっと涼しかった気がする。季節感が無くなり、寂しい今日この頃です。
2008-10-23

北とぴあ

北とぴあでハイドンのオペラ「騎士オルランド」を見ました。演奏、歌、演出全てにおいて完成度が高く、日頃の自分の詰めの甘い演奏を反省しました。やはりああいう人逹と演奏出来る位のレベルを狙わなければ、自分は音楽家として駄目だと思いました。特にオーボエには打ちのめされました。悔しい。自分が全然吹けないことが。良い刺激になりました。私も絶対あれ位のレベルの奏者になります。
2008-10-22

ライブ

20081022225053
カーサクラシカでライブをしました。沢山の人に来て頂き、光栄です。演奏家は聴衆がいないと意味がないので、本当に感謝しています!楽しんで頂けたなら光栄です。まあ、失敗はありましたが(苦笑)自分に出来ることは出しきったかな、という感じです。12月も出演しますので、また連絡します。有難うございました!
2008-10-20

初演から学べること

N響アワーでペーテル・エドベシュとタン・ドゥンの曲の初演を放送していました。両方面白い曲で、特にタン・ドゥンの声やノイズの使い方は自然で美しいと思いました。この作曲家はとても明るい人だと言っていましたが、人柄が表れていました。初演は推理小説の様だという話がでましたが、私は新曲だけでなく、よく知られた曲も初めて演奏する様な感覚で演奏されるべきだと思います。有名な曲ほど、多くの人の手垢にまみれ、不自然な演奏が世の中に溢れていると感じます。全く知らない曲を譜読みするように新鮮さを失わない演奏をするのが自分の理想です。
2008-10-18

私の原動力

いつも演奏楽しんで聴いています。次も楽しみにしてます、とよく聴きにいらして下さる方から言って頂きました。こういう温かい言葉によって今まで続いています。音楽は(音楽だけでは無いけど)大変なことも沢山あり、理不尽な扱いを受けることもあり、努力が必ずしも報われるわけでも無いので、その度にもう止めようかな、続けても意味無いかも…と思ってしまいますが、こういうことがあると続ける気力が沸いてきます。有難うございました。期待を裏切らないような演奏をします。
2008-10-16

もう10月後半…

今日はすごく良い天気でした。外を歩いているとキンモクセイの香りが漂ってきて、秋も深まってきたことを実感しました。チャイコフスキーの「秋の歌」を練習していると書きましたが、チャイコフスキーのイメージする秋はこういう感じでは無く、長く厳しい冬の前という、重苦しい感じなのだろうと思うと、日本の秋はなんと良い季節だろうと改めて思います。同じ季節でも住んでいる所により、イメージが全く違うというのは不思議です。話は代わりますが、本が増えてきたので本棚を整理したところ、同じ曲のコピー譜が三冊出てきたものがあり反省。自分の持ち物位覚えておかないといけないなあ(-_-;)
2008-10-15

練習

昨日22日の曲を田淵さんと練習していました。今回の練習はたっぷり時間を取り、細かい所までしっかり練習することができました。色々詰めの甘い箇所に気付き、まだまだだなあと反省復習しておこうと思います。話は変わりますが、最近ばかり買っています。秋だし、電車に長時間乗ることが多いし、昔よく読んでいた作家がまた自分の中でリバイバルし、この一週間で4冊も増えてしまったでも懲りずにまだ買う気満々。
2008-10-11

友達の演奏会

学生時代寮で一緒に住んでいた友達がチェロとデュオで演奏会をすると教えてくれたので行って来ました。二人共とっっても楽しそうで聴いてる方が羨ましくなってしまいました(笑)とくにショスタコーヴィチが曲としても面白く二人のクリアな音色に良く合っていました。チェロ、弓の張りを密かに変えるとか芸が細かい!ピチカートも良い音でした。他にも元寮生の友達や寮母さんも聴きにいらしていて、再会出来て良かったです。皆各々の人生を歩んでいるのね…また会おうね!今日は良い演奏ありがとう!
2008-10-10

練習

22日の曲をピアノの田淵さんと合わせました。チャイコフスキーの組曲「四季」より「秋の歌」をオーボエとピアノで演奏することになりました。私はピアノ曲に疎く、知らなかったのですが、やってみたらすごく良い曲でした。本番が楽しみです。
2008-10-09

ラ・フォンテ―ヌ

ラ・フォンテ―ヌの演奏会が近江楽堂でありました。演奏、演出共に素晴らしく、来て良かった!と思いました。自分としてはヘンデルが一番良かったですが、ロックの曲もなかなか変わっていて良かったです。演出はこのグループならではな感じで笑えました!先輩方を見習って今日も練習、明日も練習…。
2008-10-07

その通りだ!と思った言葉

ある人と長距離走の話をしました。走り続けるのが辛くなってきたら、とにかく次の電信柱まで走る、そこまで来たらまた次の電信柱まで…と繰り返してゴールに近付いて行くそうです。また、とある作家が「あるがままの自分が本当の自分ではなく、なりたい自分が本当の自分」と言っていました。皆良いこと言うな~、私もこんな格好良いこと言ってみたいです…。
2008-10-04

ラス・マンドリーナス

ラス・マンドリーナスの演奏会にエキストラで出演しました。お客さんも沢山入り、全体的にもまとまりがあり、良い出来でした。その後ベルリン・フィルハーモニー木管五重奏団の演奏会に行きました。学生時代に自分が練習していた曲が沢山入っていて、懐かしく聴いていました。学生の時は木五は正直苦手でしたが、息の合った演奏を聴いて、もう一度挑戦したくなりました。五人とも、常に色々な表現や楽器の限界に挑戦しているという姿勢が良かったです。
2008-10-03

嬉しかったこと

16日の演奏会に来て下さった方が、良かった!また聴きたい!と言って下さいました。一般の方には馴染みの無い現代の作曲家の曲だったので、数倍嬉しくテンションだだ上がり。そう言って貰えると調子に乗ってシャカリキ練習しまくる気力が出て来た。おだてれば木でも電信柱でも上れますので、ガンガンおだてて下さい(自分で言うか…)この前テレビが直りましたが、数日間のテレビ見ない生活&スケッチブック買ったことにより、無意味にテレビつけっぱなしにする癖が直りました。良かった良かった。全然話違うけど、この季節秋刀魚と米、美味!3日連続秋刀魚でした。秋刀魚最高!
2008-10-01

友達の演奏会

学生時代の友人のフルートカルテット、レ・フィーユの演奏会に行って来ました。半年位会っていなかったのですが元気そうで何よりでした。演奏は前行った時より四人共馴染んで来て、アンサンブルの良さがよく出ていました。勉強になりました(^-^)
2008-10-01

テレビ直りました

五分で直りました(笑)しかも無料でした!修理のおじさん有難う!
プロフィール

かなこ

Author:かなこ
今西香菜子:13歳でオーボエを始め、桐朋学園大学及び同大学研究科修了。これまでにオーボエを東野正子、本間正史、柴山洋に、バロックオーボエを本間正史に師事。現在、フリーで演奏活動中。トリオ「はちみつ」メンバー。また音楽教室エンゼルミュージック講師。東京都調布市在住。

演奏会のお知らせ
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。