--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-01-30

武満の曲

歌とオーボエでやることになりました。昨日のしみ、めぐり逢いの二曲に参加します。結構有名な曲なのかな、私も聞いたことがありました。良い曲です。流石武満先生。V.ウィリアムスは最初から三曲抜粋で演奏しますが、二曲目は曲、歌詞共にオカルト色が強く私好み。楽しみだ♪
スポンサーサイト
2009-01-29

突然決まったライブ(笑)

つい一週間前に持ち上がったライブです。
~ライブ@間間間~イギリス、フランス近代の歌とオーボエ
2/1 17:00~
オーボエ:今西香菜子 歌:かのうよしこ
曲目
ヴォーン・ウィリアムス:声とオーボエの為の十のブレイクの詩
ブリテン:六つの変容(オーボエソロ)
サンサーンス:アヴェマリア 他
会場:間間間
★アクセス 日暮里駅より徒歩10分 、千代田線千駄木駅より徒歩10分
★住所 台東区谷中5−2−29
★電話 03−3821−9118
ヴォーン・ウィリアムスはオーボエ協奏曲、ブリテンはオーボエと
2009-01-28

来月のライブの練習

市川さんの実家で練習しました。バッハは各々の試行錯誤により、自分で言うのも何ですが良い感じに仕上がってきました♪市川さん家のピアノは素晴らしい!音が内向的でタッチも程良い重さ、煩くなく音楽に集中出来ます。ということで、練習はスムーズに進みました。市川さんと田淵さんのツィゴイネルワイゼンは情熱的でいかにもジプシーっぽい感じ。皆で話していたのですが、こういう曲は性格悪い方が上手く出来る…てことは市川さんは性格悪いのか(笑)?いや、そんなことはないです。でも良い人過ぎると無理ですね(笑)
2009-01-23

来月はトリオで

来月のライブのお知らせです♪今度はヴァイオリン、オーボエ、ピアノで演奏します。
~Salut d'amour 愛の挨拶~
Vl市川真未 Ob今西香菜子 Pf 田淵祐子
2/11 18:00open 1st 19:00 2nd 20:00 3rd 21:00 Charge \2500
カーサクラシカ(03-3505-8577 港区赤坂3-19-9 オレンジボックスビルB1F)
曲目 J.S.バッハ:オーボエとヴァイオリンの為の協奏曲 エルガー:愛の挨拶 クライスラー:愛の悲しみ、愛の喜び サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン シューベルト:アルぺジョーネソナタ(オーボエ、ピアノ) ラヴェル:道化師の朝の歌 他
ヴァレンタ
2009-01-23

田淵さんのソロライブでちょこっと演奏しました☆

昨日カーサで田淵さんがソロライブを行い、ちょっとだけ演奏しました。曲はカヴァレリアルスティカーナと3つのロマンス。二曲ともまあまあかな。田淵さんは本当にお疲れ様です!通すとリサイタル出来る曲数ですからね…彼女らしくシューマンやドビュッシーの曲を上品に演奏していました。ただピアノの調律が…(苦笑)聴く方も気になると思いますが、演奏者はもっと気になる…来月のライブには間に合わせて下さい!
2009-01-20

モルゴーアクァルテット

昨日モルゴーアクァルテットの演奏会に行ってきました。弦楽四重奏は自分が管楽器奏者の為、なかなか行くことが無いのですが、この演奏会は楽しみました。特に後半、タン・ドゥンの曲は現代曲で難しいこともあり、演奏者に良い意味で緊張感がみなぎっており、曲もこの人らしいノイズの使い方が中国的雰囲気を醸し出していて面白かったです。その後のベートーヴェンのラズモフスキー第3番もそのテンションを受け継いでか、情熱的でした。音のバランスも良く、参考になりました。
2009-01-18

話は変わって

今紫色がマイブームなのですが、紫って凄く種類が多いらしい。赤に少しでも青が混ざっていたり、その逆、あと淡いのから濃いのまでありますよね。赤は淡くなるとピンクになり、青が淡くなると水色になるのに対し、紫は幅が広い。古今東西高貴な色と考えられているし、謎が多いですね。こんなこと考えてたら身の回りが紫の物ばかりになってしまいそうです(笑)
2009-01-18

続き

それ故に皆が飽きずに楽しむことが出来る、新鮮さを失わないものです。そういうものってディティールが凝っていて、でもぱっと見はすっきりして洗練されていることが多い。良い演奏と言うものもそういうものだと思います。22日が楽しみになってきました♪
2009-01-18

22日の曲の練習

22日田淵さんのソロライブのゲストでちょっとだけ出るので、その曲と2月のライブの曲を合わせていました。ゲストでは3つのロマンスとカヴァレリアルスティカーナを演奏しますが、人間て一回やったものって忘れないものだな~と自分のことながら感心。カヴァレリアルスティカーナ、改めて良い曲だなと思います。マスカーニはこれがヒットしすぎて後が続かなかったらしい。つまり一発屋だったんですね。気の毒だ…。3つのロマンスは演奏する度に発見があり、良くできた曲。音楽に限らず、名作とは何度聴いたり見たりしても、その度発見があるものです。
2009-01-14

続き

でもアメリカのオーボエ奏者アレックス・クラインはあたかもオーボエの曲の様に自然に吹いている。あの人は何でも鼻唄の様に吹けてしまうので此方の立場がない(笑)打倒クライン!市川さんのソロも少し聴いていましたが、ツィゴイネルワイゼンが期待大♪彼女の情熱的且つ派手な気質にぴったり。楽しみです。てゆーか、田淵さん自分がソロが近いのにお疲れ様です!今月22日カーサでなのでお時間ある方は是非(実は私もちょこっと出ます。ゲストで)
2009-01-14

練習その2

昨日はまた市川さんと田淵さんと私で練習していました。バッハの1060は市川さんと私がお互いの音量や発音のタイミングに慣れたのと、ピアノの音を減らしたことで流れが出て曲になってきて楽しく練習していました。オケのピアノリダクションは何故あんなに音が多いのか?バロック室内楽のもだけど、編曲者自分で弾いてないのか?手三本無いと間に合わないのがよくある(笑)他シューベルトのアルペジョーネ等ソロの曲を練習しましたがこちらは難しい…もとが弦楽器の曲だけに。
2009-01-07

初練習

昨日次回のライブで共演するヴァイオリンの市川真未さん宅にピアノの田淵さんと私でお邪魔し、バッハのドッペル等の練習をしました。市川さんの家のピアノは素晴らしく、順調に練習が進みました。この編成で演奏することはなかなか無い、というのは曲が少ないので機会がないのですが、楽しく演奏できそうです。この曲、まだ下調べが追いついていないのですが、バッハのものかどうか疑惑があるそうです。ハイドンのオーボエ協奏曲等、今になって作曲家が違うことが発覚することがよくありますが、いずれにせよこの曲はよく出来ています。ソリスト2人も良いですが、バスの使い方が上手い。今日は図書館で詳しく調べよう。調べれば調べるほど、練習すればするほど自分の無知さに腹が立つ。
うーむ、修行が足らんな。
2009-01-07

冬なのに夏の夜の夢

リコーダー、バロックオーボエ、バロックファゴット奏者の江崎浩司さんの企画でバロックオーボエで参加する演奏会です。以下詳細です。
1月24日(土)  真冬に聴く!?「夏の夜の夢」
■場 所 下北沢:北沢タウンホール(TEL03-5478-8006)
■時 間  13:30開場 14:00開演
■チケット  全席自由2,500円
■出 演  江崎(Rec)藤村(Ob)永谷(Fg)長久(P)横浜バロックコリステン(合唱)他
■曲 目  第1部トリオEFE公演(江崎Rec藤村Ob永谷Fg)
        第2部新音楽劇「夏の夜の夢」
■お問合せ   北沢タウンホールTEL03-5478-8006 FAX03-5478-8007
パック江崎参上!
1月24日下北沢「夏の夜の夢」
2007年栃木蔵の街音楽祭にて好評だった
「夏の夜の夢」(シェークスピア原作、パーセル作曲、江崎編曲&構成)が
1月24日下北沢にて再演です!
合唱&器楽の市民参加の大きなステージで、
パック役(もちろん演奏もします) の江崎が大活躍!
最後のオチはいかに!!
江崎さんはラ・フォンテーヌ、タブラトゥーラ等古楽アンサンブルで御活躍中の演奏家です。優秀な音楽家の企画なので私も楽しみです。お時間がありましたら是非いらしてください。
2009-01-03

明けましておめでとうございます

親戚の家に挨拶に行ったり、初売りに行ったりバタバタしていました。街は人が一杯ですね。親戚達は皆元気そうで何よりです。関西人は賑やかです。皆でワイワイ騒いだのは久しぶり…ご馳走食べ過ぎて凄く太ってそう(笑)初詣では自分の事に加え、身近な人の事もしっかりお願いしました。去年はあまり良い事がなかったので今年こそ!と気合いを入れて来ました。今年も宜しくお願いします。
プロフィール

かなこ

Author:かなこ
今西香菜子:13歳でオーボエを始め、桐朋学園大学及び同大学研究科修了。これまでにオーボエを東野正子、本間正史、柴山洋に、バロックオーボエを本間正史に師事。現在、フリーで演奏活動中。トリオ「はちみつ」メンバー。また音楽教室エンゼルミュージック講師。東京都調布市在住。

演奏会のお知らせ
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。