--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-30

さくら村

さくら村合奏団の演奏会がありました。今回今までで一番大編成になり、特に高校生が多くフレッシュな演奏会になりました。若いって素晴らしい(笑)お客さんも高校生が来ていて、普段聴かない古楽器の音を楽しんでくれたみたいです。その後人に誘われ、韓国太鼓のバンド「木蓮」のライブで踊り狂っておりました。お客さんを楽しませるテクニックがすごい!見習いたいです。
スポンサーサイト
2009-03-28

サロンコンサート♪

ヴァイオリンの市川真未さんのお宅でサロンコンサートに出演しました。お客様達も楽しんで頂けたようでこちらも嬉しく思います。田淵さん、市川さんそれぞれのソロも個性を余すところなく出していて、私も楽しく聴いていました。その後お客様達とディナーパーティがあり、色々お話しました。オーボエと言う楽器はまだまだマイナーなので皆さんに色々な質問をされました。興味を持って頂けて嬉しく思います。オーボエの良さを一般の人に少しでも広めて行きたいと改めておもいました。
2009-03-23

お疲れ様

昨日橘川琢氏の個展が終了しました。反省点はありますが(笑)橘川さんには良い演奏会になったと喜んで頂けたようで良かったです。皆一人一人が真剣に取り組んだことが結果に繋がり嬉しく思います。皆さんお疲れ様でした!
2009-03-21

明日本番

昨日今日と明日の橘川琢さんの個展の練習でした。少し修正を加えたりして非常に良い感じに仕上がっていて、本番が楽しみです。オーボエが魅力的に鳴る音域で書かれていて私自身とても吹きやすく、また私の様な作曲に関しては素人な人間が気付かない様な所に微妙な修正を加え、より良く仕上げるセンスは流石だなと素直に感心します。「うつろい」は特に自分が物語の主人公の様な気持ちになってしまいます。明日が楽しみです。雨らしいけど少しでも多くの人に聴いてもらいたいなあ。
2009-03-19

花粉症

とうとうデビューしてしまったようです…二年前位から怪しいと思ってはいたのですが認めたくないので考えないようにしていたのですが、今年は明らかに外に出ると鼻水が…最近乾燥しているのでキツイ。甜茶飲も。
2009-03-17

続き

自分が他の曲を演奏する時に、書いてなくてもやってみようかなと思ってしまう(笑)音の無い所の表現って忘れがちですが、休符や曲の始まる直前と終わった直後、楽章の間等意識するべきだと改めて気付きました。勉強になります。春らしい気候となり、「花」と「うつろい」は気分にぴったりです。
2009-03-17

3/22の練習

橘川さんの曲を練習していました。うつろい、冷たいくちづけは演奏者達も馴染んできて楽しんでいます。演奏会最後の曲「花」を初めて合わせました。今回の為詩と曲を書いた新曲で、冒頭が弦楽器を笙、オーボエをひちりきとして扱い、雅楽風に始まり、日本に昔からあるような素朴な歌という感じです。個人的にとても気に入りました。「うつろい」の冒頭も楽譜が面白く、音の無い所にクレッシェンドが書かれていて、気持ちの高まったところでピアノが鐘の様に響きます。これがあるだけでピアノの弾き方が全く違ってくるのが実に不思議…
2009-03-10

続き

思う、という切ない話。聴いていると自分が物語の主人公になってしまいます。橘川さんは情景を音で描写するのが上手。雲の間からこぼれる光、足音等とても綺麗です。色々イメージが沸いて演奏していても楽しい!
2009-03-10

橘川さんの曲

橘川さんの曲を練習してきました。「冷たいくちづけ」は二度目で、前と比べ流れが出て来て、木部さんの朗読がより情熱的になっていて驚きでした。演奏を聴いてそれに合うよう工夫して下さったようで、更にこちらも感情を込めて演奏しよう!と思うようになりました。ヴァイオリン版を初めて聴きましたが、楽器が違うと全く違うものが出来上がりますね~。こっちの方が透明感があります。オーボエは音自体が濃いですからね。「うつろい」は歌が入り、ノスタルジックな感じ。詩の内容は今はない喫茶店で季節のうつろいと共に居なくなってしまった女の人を
2009-03-06

続き

自分も物語の登場人物になってしまいます。ピアノも和音が凄く綺麗です。クラスターはこういう所で使うと雰囲気出るのか、半音のぶつかりがジャズ風で洒落てるなとか色々参考になりました。手直しして更に良くなってます。本番楽しみだなあ♪
2009-03-06

練習×2

「アルペジョーネソナタ」他数曲をピアノと合わせていました。この曲は弦楽器の曲なのでキツイ…でも何回かやっているうちにコツを掴んできたようです。どこでブレス取れば良いとか、ここは休める(笑)とか。あとは音楽的に繰り返しが多いので飽きないように曲を作っていこうと思ってます。その後夜3/22の橘川琢さんの曲「冷たいくちづけ」の初合わせがありました。本人曰く「NHKのラジオドラマみたいな感じ」の曲です。物語に曲が付いている、という具合。オーボエのキャラクターを存分に活かした哀愁漂う曲です。吹いてて気分良い。
2009-03-01

橘川琢さんの個展に出演します♪

橘川琢作品個展2009
~花の嵐~
3/22(日)14:00開演(13:30開場)
スタジオリリカ(京王新線初台駅より徒歩6分)0333770373
前売り2500円 当日3000円
予約・問合せ(ミッテンヴァルト)
0359571512
mittenwald-vn@nifty.com
作曲:橘川琢
歌:笠原知恵美
オーボエ:今西香菜子 ヴァイオリン:戸塚ふみ代
ヴィオラ:仁科拓也
ピアノ:森川あづさ
花:上野雄次
詩・朗読:木部与巴仁
音楽を詩、花と結び付けるという面白い企画です。今回私は詩歌曲「うつろい」「冷たいくちづけ」の二曲を演奏しますが、「冷たいくちづけ」はヴァイオリン版もあり、以前別の演奏会で演
プロフィール

かなこ

Author:かなこ
今西香菜子:13歳でオーボエを始め、桐朋学園大学及び同大学研究科修了。これまでにオーボエを東野正子、本間正史、柴山洋に、バロックオーボエを本間正史に師事。現在、フリーで演奏活動中。トリオ「はちみつ」メンバー。また音楽教室エンゼルミュージック講師。東京都調布市在住。

演奏会のお知らせ
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。