--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-09-23

ベルギー幻想美術館

昨日渋谷に出たついでに見て来ました。マグリットが好きでそれを目当てに行ったのですが、マグリットもさることながら、他のものがとてもよかった!
前半ではデルヴィルの「レテ河の水を飲むダンテ」の色彩に感動。ヌンクの「夜の中庭あるいは陰謀」もストーリー性があって素敵。アンソールも不気味さがよかったし。
一つずつあげていくときりがないですが、画家として一番良いと思ったのはデルヴォー。
今回初めてこの画家の絵を見たのですが、女性に対する歪んだ感情が独特の幻想的な雰囲気を醸し出していて引き込まれました。恐い母親に女は悪であると教えられていたらしいです。芸術家にはマザコンが多いみたいです。
写実的なものも好きですがどちらかと言えば内面的な絵が好きなので、この展覧会は面白かったです♪
秋は面白そうなものが沢山来るので良い季節ですね。次は何を見ようかな…
スポンサーサイト
2009-09-20

トロッタの会練習

トロッタの会の曲「アルメイダ」を合わせました。場所は渋谷のヤマハでした。
エレクトーンが入るので普段音楽教室として使われている部屋で、小さい時通っていた私は懐かしく感じました。その頃はオーボエ奏者になるとは夢にも思わなかったなあ…。

この曲はエレクトーンが入るおかげで音色が多彩、意外に電子楽器好きな自分は新鮮に感じました。朗読の他役者さんも入るのですが、これが迫力があって格好良い!観客として見ているのと違い、共演していると凄く刺激になります。前回も役者の友達の話でしたが、役者さんて凄いです。見習わなくては…。
2009-09-17

友達の舞台

役者の友達がおりまして、その子の出演する舞台を見に行きました。ストーリーも良く練られていて、役者さん達も一人一人に見せ場があり見に来てよかったと思う舞台でした。平和とは何かというのがテーマで、話的には難解なのですが登場人物の親しみ易いキャラクターで見やすく、また現実味を持って見ることができました。何より皆の真剣に取り組んでいる様子が印象的で、良い刺激になりました。
分野は違うけれど、真剣さと言うものは心に残るものだと改めて気づきました。それと同時に自分はどのくらい真剣に音楽に取り組んでいるだろうと考えてみたり…まだまだ勉強しないといけないですね。
2009-09-04

9月の演奏会

トロッタの会 vol.9
9月27日 15:00開演(14:30開場) ヤマハエレクトーンシティ渋谷
予約、お問い合わせ www.kibegraphy.com
少しずつ秋らしくなってきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。前回出演したトロッタの会に今回も出演することになりました。毎回このトロッタの会では文学、花、音楽のコラボレーションを行っています。今回私は今井重幸作曲「La Nouvell Chanson de IMAI Shigueyuki」というシャンソンの組曲、清道洋一作曲「アルメイダ」(こちらは木管四重奏、弦楽四重奏、歌、ピアノ、エレクトーン)、田中隆司作曲「捨てた歌」に出演します。今回はエレクトーンと共演ということで私にとっても新鮮な演奏会となりそうです。因みにクラシック音楽初のバンドネオン奏者のアレッサンドロ・バルレッタの曲も演奏されます。今回は大きな編成で迫力ある演奏をお楽しみいただけますので、お時間がありましたら是非いらして下さい。
プロフィール

かなこ

Author:かなこ
今西香菜子:13歳でオーボエを始め、桐朋学園大学及び同大学研究科修了。これまでにオーボエを東野正子、本間正史、柴山洋に、バロックオーボエを本間正史に師事。現在、フリーで演奏活動中。トリオ「はちみつ」メンバー。また音楽教室エンゼルミュージック講師。東京都調布市在住。

演奏会のお知らせ
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。