--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-17

ラス・マンドリーナス定期演奏会

今年もエキストラで出演しました。既に三年目の付き合いなのでメンバー、エキストラともに顔見知り。メンバーの皆さんはいつも凄いパワフルで圧倒されますw自分は二曲だけでしたが、皆さん楽しんで演奏していて良い演奏会でした。打ち上げ参加できず残念でした。また会いましょう!
スポンサーサイト
2009-10-16

パリ・オペラ座の全て

パリ・オペラ座の映画があり、前から見てみたくて行ってきました。ダンサー達の練習風景や演目を決める会議などを撮影、編集したドキュメンタリーなのですが、音楽と通じるものが多く、勉強になりました。
特に先生が若いダンサーを指導しているシーン。ダンサーは背中が固くなっていて、動きが小さくなっていたのですが、先生は背中が自由に動き、表現に幅がありました。
ダンサーに「それでは独りよがりの表現になってしまう。観客に伝わるように」ということを言っているシーンで、なるほどと思いました。
また皆古典は積極的に学ぶが、現代物を勉強しない。色々なものを踊ることで、表現の幅を身につけて欲しい、などと語る先生もいて、音楽と同じだと感じたり。
ギリシャ神話のメディアの話を題材にした躍りが怖いけど美しく、印象的でした。
人間の身体はここまで表現出来るのかと感動しました。
良い刺激になりました。
2009-10-12

平井千絵さんのリサイタル

大学時代のピアノ科の友人の誘いで平井千絵さんの演奏会に行きました。
フォルテピアノのリサイタルは初めてでしたが、予想していたよりモダンに近いタッチでロマン派中期の楽器だったので意外な感じでした。ショパン、リストの良く知られた曲もよかったのですが、グリンカのピアノ曲を取り上げていて、私は初めて聴いたのですがこんなによい曲が演奏されないなんて勿体ない!世間では本当に同じような曲しか演奏されないんだな、と改めて思いました。
平井さんは情熱的な演奏をする人で、ロマン派のピアニストという感じ。こちらも元気をもらいました。少しお話したのですが、サバサバした明るい人で、またお会いしたいなと思いました。
因みに演奏会には学生時代以来会っていなかった友人も来ていて久々に会えて凄く嬉しくなりました。
最近心身共に疲れが溜まっていた私には本当に元気をもらった気がして良い一日でした。悩んだり落ち込んだりしている人に元気、もっと大袈裟にいうと生きる希望を与えるのが音楽なんだと改めて思った一日でした。
2009-10-02

ハイフェッツ

急に涼しくなりましたね。数日前の暑さは何だったんだ!と言う感じ。久しぶりに雨だし。
最近ハイフェッツの録音を良く聴きます。昔のヴァイオリン奏者で録音状態も決して良くは無いのですが、彼の音には現代の奏者には無い情熱があるように感じます。音に良い意味でざらつきがあり、破壊的かと思いきや壊れそうなほど繊細な瞬間があったり。
ハイフェッツに限らず昔の奏者は今に比べて個性や情熱を感じます。
最近の奏者は皆ではないけれど、上手いのに皆同じに聞こえてしまうことが多い。録音技術が進み過ぎたのも関係があるかもしれないけれど、現代人より昔の人のほうが恵まれていない分、何かを強く求めて生きていたのだと思います。
自分は現代人ですが、求める気持ちを強く持って生きていたいと思う今日この頃です。
プロフィール

かなこ

Author:かなこ
今西香菜子:13歳でオーボエを始め、桐朋学園大学及び同大学研究科修了。これまでにオーボエを東野正子、本間正史、柴山洋に、バロックオーボエを本間正史に師事。現在、フリーで演奏活動中。トリオ「はちみつ」メンバー。また音楽教室エンゼルミュージック講師。東京都調布市在住。

演奏会のお知らせ
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。