--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-29

宮村和宏さんの

リサイタルに行ってきました。数年前に一度お会いして、その時に演奏も聴いたことがあって、今回はCD発売記念のリサイタルを友達に誘われて行くことに。
前回より確実に良かった!元から上手だな、と思っていたのですが今回は素直に楽しく聴ける演奏でした。
本人曰く「初めて楽器を持った人が、オーボエって良いな、こんな曲吹いてみたいと思うような演奏をしたい」ということで、学生のお客さんも多くフレッシュな演奏会でした。

自分とはタイプが違う演奏家なのですが良い刺激になり、行って良かったと思いました。
スポンサーサイト
2010-05-17

うまく撮れたから


載せてみた。いただきます。外食続きだと体が自炊を欲してくるのです。それも和食。自分は体は頑丈なので、不摂生していても結構平気なのですが、自炊すると体調が違う。
話は変わるが、ピアニストの小林愛実さんのコンサートに先日行ってきました。最近の人にしては癖のある演奏でしたが、有無を言わさぬ説得力がありました。無個性化が進む現代において貴重な存在なのでは、と思います。集中するというのはこういうことを言うのだと気づかされ、良い刺激になりました。
栄養も胃袋に収まったところで、少し散歩でもしませう。良い天気だ~。
…またまた何がテーマかわからない文章になってしまった…。
2010-05-05

ショパンイヤー、しかし


リストがマイブームです。それも全く有名でない晩年の作品(ピアノ以外の曲も)。
若い頃は華やかな生活をしていたけど晩年は孤独で、体調不良、鬱病等に悩まされたリスト。若い時はとにかく売れっ子でいるための派手な曲を書いていて、それはそれで格好良いし、好きなのですが、晩年になれば成る程、ロマン派全盛期に他の作曲家とは掛け離れた斬新かつ意味深な曲を驚く程沢山書いています。
天才と呼ばれる人は時代の先を行くと考えると、派手なだけと誤解されがちなリストは、紛れもない天才です。若い頃の華やかで分かりやすい曲は、実は周囲のレベルに合わせていたのでは、と最近思います。
取り巻きが沢山いたリストですが、本当に彼を理解できる人はいなかったのではないでしょうか。そう考えると一生孤独だったかもしれません。
そういえば、マイケル・ジャクソンも私は華やかに見えて実は寂しい人生を送った人だと思います。余りに先を進み過ぎて、誰もついて行けない。
話が逸れましたが、リストの晩年の曲は地味だし、小品が多いけど、もっと有名になれば良いのにと思う今日この頃です。
プロフィール

かなこ

Author:かなこ
今西香菜子:13歳でオーボエを始め、桐朋学園大学及び同大学研究科修了。これまでにオーボエを東野正子、本間正史、柴山洋に、バロックオーボエを本間正史に師事。現在、フリーで演奏活動中。トリオ「はちみつ」メンバー。また音楽教室エンゼルミュージック講師。東京都調布市在住。

演奏会のお知らせ
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。