--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-06-18

だまし絵展

渋谷文化村で見てきました。凄く面白かった!17世紀のオランダで始まったらしいですが、この時代にこういう発想があったことや、画家の技術の高さに驚き、近現代のマグリット、ダリ、エッシャーや日本の浮世絵など、発想の豊かさに感動。こういう物を思い付く人は普通の人とは違う角度から物を考えて過ごしているのでしょう。人生のあらゆることに対してユニークな感じ方をしていると思います。作曲家だとバッハやプロコフィエフ、シェーンベルク辺りが近いかな。夏までやってるからまたいっちゃおうかな?ちなみにその次に来るベルギー幻想美術館も絶対行きたいな。マグリットもあるらしいし。不思議なものや意外なものを見たり聴いたり読んだりして驚かされるのが好きです。よく考えるといわゆる名曲と言われるものも、奏者が驚くべき意外なフレーズや和声を見逃さず、新鮮な気分で演奏すれば、聴き手もあたかも初めて聴く曲のように驚きながら聴けますよね。当然のように演奏されるとつまらない。でも名曲だけに難しいんだな…。
スポンサーサイト
プロフィール

かなこ

Author:かなこ
今西香菜子:13歳でオーボエを始め、桐朋学園大学及び同大学研究科修了。これまでにオーボエを東野正子、本間正史、柴山洋に、バロックオーボエを本間正史に師事。現在、フリーで演奏活動中。トリオ「はちみつ」メンバー。また音楽教室エンゼルミュージック講師。東京都調布市在住。

演奏会のお知らせ
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。