--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-06

大人になってから

子供の頃読んだ本やCDを改めて読んだり聴いたりすると今まで分からなかったことが分かったり、違う感じ方をして面白いです。今映画化されている「朗読者」と言う小説を高校の頃読んだ時は主人公二人の気持ちが理解出来なかったのですが今になると凄く切なく感じると人と話していて、他の本や映画、音楽にも手を出してみたのですが、「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」はいくらでも深読み出来ます。童話なのですが社会の不条理さ、汚さと言うものをシニカルに描いていて凄く良く出来ています。またモーツァルトの曲は明るく愛嬌があると言うイメージだったのですが、最近結構人間臭さを感じることがあったり、ブラームスに軽やかさを感じたり、長く愛されているものには常に多面性があると思います。第一印象とは逆の面が隠されていることで何度も読んだり聴いたりしたくなるようです。色々な角度から物事を眺めていると色々なことに気付き、最初とは全く違う感想を持ったり、曲であれば演奏が変わったりして勉強になります。暇な時にやってみて下さい(
笑)
スポンサーサイト
プロフィール

かなこ

Author:かなこ
今西香菜子:13歳でオーボエを始め、桐朋学園大学及び同大学研究科修了。これまでにオーボエを東野正子、本間正史、柴山洋に、バロックオーボエを本間正史に師事。現在、フリーで演奏活動中。トリオ「はちみつ」メンバー。また音楽教室エンゼルミュージック講師。東京都調布市在住。

演奏会のお知らせ
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。