--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-16

パリ・オペラ座の全て

パリ・オペラ座の映画があり、前から見てみたくて行ってきました。ダンサー達の練習風景や演目を決める会議などを撮影、編集したドキュメンタリーなのですが、音楽と通じるものが多く、勉強になりました。
特に先生が若いダンサーを指導しているシーン。ダンサーは背中が固くなっていて、動きが小さくなっていたのですが、先生は背中が自由に動き、表現に幅がありました。
ダンサーに「それでは独りよがりの表現になってしまう。観客に伝わるように」ということを言っているシーンで、なるほどと思いました。
また皆古典は積極的に学ぶが、現代物を勉強しない。色々なものを踊ることで、表現の幅を身につけて欲しい、などと語る先生もいて、音楽と同じだと感じたり。
ギリシャ神話のメディアの話を題材にした躍りが怖いけど美しく、印象的でした。
人間の身体はここまで表現出来るのかと感動しました。
良い刺激になりました。
スポンサーサイト
プロフィール

かなこ

Author:かなこ
今西香菜子:13歳でオーボエを始め、桐朋学園大学及び同大学研究科修了。これまでにオーボエを東野正子、本間正史、柴山洋に、バロックオーボエを本間正史に師事。現在、フリーで演奏活動中。トリオ「はちみつ」メンバー。また音楽教室エンゼルミュージック講師。東京都調布市在住。

演奏会のお知らせ
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。